牙狼の魅力を語りまくる!!

牙狼について話していきましょう!!

牙狼-GARO-スペシャル 白夜の魔獣

テレビシリーズの正式な続編

話を牙狼に戻そう。次にご紹介するのはテレビシリーズが終了した特別番組として放送された『牙狼-GARO-スペシャル 白夜の魔獣』について話を進めていこう。こちらの作品は2006年12月、15日に前編、22日に後編が放送された。

作品には鋼牙や零を始めとした前作のキャラクター達も出演しており、特別編らしくオリジナルの真キャラクターをも多数出演している。この作品においてはテレビシリーズでのいくつか伏線がすでに張られており、それを回収していく内容であるともいえる。つまり、テレビシリーズ放送当初からこの特別編の製作は既に決まっていたということなのかもしれない。

あらすじ

では前編後編、二つの作品のあらすじを紹介していこう。

前回のキバ・メシア戦から冷めないまま戦いに身を投じていた鋼牙の元に、魔戒法師の里・閑岱からやって来たという魔界法師見習いの少女、鈴が現れた。鈴は死んだはずの阿門法師から自分に会うようにいわれて鋼牙を尋ねてきたというのを信じて屋敷に連れ帰る。そして彼女の言うとおり、霊界から阿門法師が現れると、死んだと思っていた邪美が魔界樹の中に取り込まれて生きていることを知る。阿門法師からの邪美救出依頼を受けた鋼牙は、邪美を救うために魔界の森へと向かうのであった。案内を頼んだ鈴と共に行動していると、その時に幼い頃になくした母や邪美のことをそっと思い出してしまうのだった。

鋼牙たちが魔界の森にいる頃、封印されていたはずの太古の魔獣であるレギュレイスが復活を果たしてしまうのだった。レギュレイスは自分の眷属たちを引き連れて人々を次から次へと襲っていたのだった。

閑岱の地に入った鋼牙はそのまま魔界樹のもとに急ごうとするが、その道を阻むように一つの槍が飛んでくる。それは鈴の兄であり閑岱の地を守っている魔戒騎士山刀翼が立ちはだかるのだった。襲い掛かってきた翼から我雷法師に間一髪救われる鋼牙は先を急ぎ、鈴の力でようやく魔界の森へと入ることができた。鋼牙の侵入を確認した魔界樹の妨害に打ち勝ち、鋼牙はようやく捕われていた邪美の救出に成功するのであった。

二人は再会を喜ぶ暇も無く、皆既日食の夜には『天魔降伏の儀』は行われてることを知るのであった。この儀式は、レギュレイスがホラーを復活させるために張った決壊を魔戒騎士が麒麟の矢で破るものとなっており、成功すればホラーの野望を食い止めることができるものだった。だがホラーの手により矢を地面に突き立てられれば世界は永遠の闇に支配されてしまうという、危険な賭けだった。

天魔降伏の儀を成功させてレギュレイス一族を殲滅するために零も合流して、鋼牙と翼、そして邪美らと共に無数のホラーから世界を守るために立ち上がるのであった。

スペシャル版登場人物

ではここで登場人物の紹介をしていこう。今回はテレビシリーズからの続編的な位置に立っているので、続編から登場している新しいキャラクターについて紹介していこう。

山刀翼

魔界の森を管轄としている魔戒騎士で、魔界槍を操っての戦闘力は鋼牙にも勝るとも劣らないものとなっている。魔戒騎士であるが両親が魔界法師であること、そして元々本人も法師を目指していたこともあって法術に長けており、その力を用いて魔界の森に侵入しようとした鋼牙を追い詰めた。法師から騎士になろうとしたのは両親の意向も強く、元々の家系としては騎士のものではないが、その遺志を継ぐことになって魔戒騎士としての道を歩むことになった。非常に厳格な性格をしており、無断で魔界の森に踏み込もうとした鋼牙には敵対心むき出しで襲い掛かる。しかしレギュレイスの一族が襲ってきた際に自らの弟子を救った零に対しては、その恩もあって敬意を払う姿勢を見せている。

この翼の性格は香ると出会う前の鋼牙とそっくりであり、復活した邪美やレギュレイスに同化されそうになった鈴を殺そうとするという非情な面も持っている。しかしレギュレイスとの戦いから鈴を守ることで守りし者として覚醒することになり、真の意味で魔戒騎士として歩み始めることになるのであった。

山刀鈴

魔界法師見習いの少女で翼の実の妹。阿門法師の伝言を伝えるために鋼牙の下へと向かっていたが、途中に絡まれた不良たちから鋼牙に救われる。常に無表情の鋼牙を笑わせようとして術を使用するが失敗してしまい、その失敗からカオルの絵を傷つけてしまったことで、鋼牙から怒りを買ってしまうのだった。

阿門法師からの伝言を聞いたことで鈴も鋼牙のサポートに回るために魔界の森へと同行して、邪美救出に一役買うのであった。その後レギュレイスたちの攻撃の際にも兄である翼を助けようとしたが、レギュレイスの毒をその身で受けてしまい、危うくレギュレイスに同化されそうになってしまうのだった。その後毒は邪美によって取り出され、一命を取り留めるも、その後レギュレイスに眷属復活のための生贄として利用されそうになるが、これが結果としてレギュレイスを滅ぼすきっかけを生み出すことになるのであった。

戦いが終わった後、魔界の森に残った邪美に弟子入りする形で、一人前の魔界法師になるべく修行に励んでいるのだった。

主なホラー

レギュレイス

今作品における最大の敵であるホラーで、ホラーの始祖であるメシアとは異なる系統によって、独自の生態系を持っている。古の時代に白夜の結界を利用して一族を復活させて猛威を振るうが、当時の白夜騎士によって封印される。

1000年後、自然の崩壊によって封印が弱まっているところにその辺に遺棄されていた死体の血を吸ったことで完全に封印が解かれることとなってしまい、その死体を用いて現世に復活を果たすのであった。

富士見に近い肉体を所有しているため、例え首を切られても死ぬことはないという恐るべき生命力を持っており、通常のホラーや人間に白い仮面を被せることで、自身の傀儡でもあるカラクリとして操れることが可能。自身もホラーそのものに憑依することができ、その結果として翼を持っていたゴルバが乗っ取られてしまうのだった。

ホラーとしての通常携帯は唐傘を被った人型で魔戒騎士の鎧をも貫けるほどの鋭さと硬度を誇っており、毒の棘が無数に生えた長い舌で獲物を貫いて同化させることもできる。また背中に映えている4本の触手をはやして攻撃するなど、攻撃法方は多彩となっている。眷属復活のために見せた最終形態は骸骨の龍のような姿となっている。

最後まで鋼牙たちを圧倒していき、鋼牙も自身の眷属にしようと同化を図るも、鋼牙自身に掛けられている母の守りの力で阻まれてしまい、母親の力で復活を果たした鋼牙が放った麒麟の矢に結界ごと貫かれてしまい、消滅するのだった。

魔界樹

前作で死んだと思われていた邪美を取り込んだ生きた樹木。母性を持っており、邪美を本当の娘のように思い込んでおり、彼女を奪いに来た鋼牙を阻むように妨害を繰り返してた。しかし鋼牙の情念を使っての攻撃も空しく返り討ちにあってしまい、内部に侵入を許してしまう。その後鋼牙を窮地に追い込もうとするも邪美本人が覚醒したこと、母親の幻影からの言葉に奮起した鋼牙によって邪美の眠っている核を攻撃されてしまったことで、邪美を連れて行かれてしまうのだった。

その後レギュレイスの毒を受けた鈴を助けるべく邪美はその毒をその身に移し変えていたところ、邪美の代わりに毒を引き受けてしまったことで完全に消滅してしまうのだった。邪美のことは自分の娘のように思いながら最期を迎えるのであった。